新国立競技場に行ってみた。

みなさま、新年あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

今年はどんな一年になるのでしょうかね!

ワクワクしますね!

 

 

さて今年、初詣に選んだのは

明治神宮です。

f:id:isseisato:20200102104848j:plain

いやいや混みすぎやん

 

 

一昨年は、新井薬師梅照院

f:id:isseisato:20200102104631j:plain

 

昨年は高幡不動尊でした。

f:id:isseisato:20190117203912j:plain

 

 

明治神宮に入ってから、今年が厄年(本厄)であることを知りました笑

 

 

うわ、良くない年じゃん、厄年ってなんやねん。

気になるよね。うん。

 

なので調べてみました。

簡単に言うと

その名の通り、多くの災難が降りかかる可能性が高い年齢と言われているそう。

 

 

遡ること、1300年。

奈良時代に厄年の期限があるそうです。(諸説あり)

f:id:isseisato:20200102172846j:plain

https://rakujyo.com/blog/soba-history/attachment/

奈良時代の人々は運勢は1年ごとにリセットされると考えられていました。

(奈良時代の人、馬鹿やな)

仏教の信仰などの影響も受けていたのかも知れませんね。(豊作不作、病気など)

 

そのため、新年を迎えれば運も変化するのではないか?と不安を抱いてしまう人も多かったようです。

 

平安時代に入ると、さすが貴族社会です。

勝手に掟を決め始めます。

貴族の人々を中心に、自分の干支の年を厄年とする見方をするようになったらしく、その文化が時代を経て、形を変えて今に至るようです。

 

源氏物語などにもそのような記載があるようです。

f:id:isseisato:20200102173458j:plain

 

だから、今年が年男になる私の代が厄年なのかも知れませんね。

 

 

それに重なるように、明治神宮の大御心(おみくじ)にもそんなことが書いてありました、、、

 

 

 

明治神宮に参拝した後、正月恒例のサッカー観戦です。

 

 

なんと言っても新国立競技場のこけら落としでしたし、どんな感じなのかなあとワクワクしていました。

f:id:isseisato:20200102003423j:image

 

 

今回はサッカーの結果は置いておいて、スタジアムのこんなところがいいと思う!

ここはわかりにくかったな、と言うのを書いていきたいと思います。

 

 

その前にとりあえず入場するところまで写真貼っていきたいと思います。

 

 

まず、外苑前駅から歩いてみます。

秩父宮ラグビー場、神宮球場をすぎると見えてきました!

周りにはホテルやマンションが建設中で、まだ完成していないようでした。

f:id:isseisato:20200102003447j:image

ゲートは現時点で2つ(千駄ヶ谷ゲート、外苑ゲート)

↓今回は外苑ゲートからから入ります。

f:id:isseisato:20200102003558j:image

 

↓正面にモニュメントのような表示がありました。

もし国立にいかれる方、待ち合わせはここがいいでしょう。

f:id:isseisato:20200102003546j:image

 

↓しっかりバリアフリーになっています。

使えるかはわかりまんでしたが、エレベーターも完備されています。

f:id:isseisato:20200102003434j:image

↓よくわかりませんが、レストランみたいなのがメインスタンドにあるようです。

f:id:isseisato:20200102003440j:image

 

ここで、驚きが。

試合見に行くと必ずと言ってもいい伝統があります。

 

 

それは「チケットのもぎり」

 

 

なんと、新国立では、もぎりの時代は終わったんです。

f:id:isseisato:20200102003437j:image

空港のイミグレみたいな感じになっています。

わかりにくい方へ、ディズニーみたいな感じです。

カッケーです。

 

 

 

はい、入場のところまですんなりきたところで、良かったところ等を書いていきます。

 

 

よかったところ

①各フロアごとに仕切られていて、入場するのに混みすぎない

入場に時間を要しません。1階と2、3階は別入り口が分かれているんです。

結構画期的だなあと思います!

 

 

②お子様連れに優しいf:id:isseisato:20200102003542j:image

これわかりやすいですよね!!

 

↓そしてこれ

f:id:isseisato:20200102003614j:image

これは驚きました。スポーツ好きなご家族にとっても嬉しいですよね!

 

 

③完璧な質のWi-Fi完備

サクサクでした。高密度のアクセスポイントが1000箇所くらい設置されているんです。

何も不自由ありませんでしたよ!!!

 

 

 

 

その一方で

 

 

 

 

 

直してもいいのかなと言うところを考えてみると、これとこれでした。

①トイレ問題

f:id:isseisato:20200102220619j:plain

f:id:isseisato:20200102220737j:plain

f:id:isseisato:20200102220748j:plain

f:id:isseisato:20200102220807j:plain

https://www.jpnsport.go.jp/newstadium/tabid/675/Default.aspx

 

 

 

二階のトイレが少なすぎるんです。

一階にトイレが多いことを知らなければ20分くらい待ちます。

f:id:isseisato:20200102003606j:image

ここまでごった返します。

トイレは4カ所しかないから!

 

トイレの広さはあるんですけどね。

f:id:isseisato:20200102003416j:image

 

あとは、ウォシュレットがないんです。

便座冷たすぎましたね。

お尻が縮みますね。

f:id:isseisato:20200102003450j:image
そこケチるかあって思いました。
日本の文化であるウォシュレットが、、、、

 

②座席間の狭さ


新国立競技場は欧州によく見られるすり鉢型の観客席を採用しています。
なので3階席からでもとてもよく見えます。


f:id:isseisato:20200102003551j:image

しかしすり鉢状にすると言うことは、前後の間隔は狭くしないといけませんよね。

それが皆さんの不満になってしまっているんです。

 

 

ヨーロッパは意外とこれは普通だったりしますよね。

外国人には受け入れてもらえそうなグローバルスタンダードだと思います!

 

 

サッカーに集中しすぎて、会場見学どころじゃなかったので質低めですね。

 

 

こんな感じで感想をまとめてみました。

個人的にはとっってもいいと思いましたよ。

文句ばっかり言うな、と思いますね。

 

では、またお会いしましょう!!

今年はどんな1年でしたか??

こんにちは。Isseiです。

年内に更新できてほっとしています。

一ヶ月以上空いてしまいました。少しお付き合いくださいね!

 

 

f:id:isseisato:20191229224513j:plain

冬の弘前公園

最近寒くなってきましたね。やっと冬という気候。

大晦日には冬将軍がやってくるそうですね。

 

 

そもそも冬将軍ってどんなやつだったんですかね。気になりません?

 

 

冬将軍ってすごいキモいんですよ。

 

 

ちょっと特徴を言います。皆さん想像してみてください!

 

 

まず、

 

 

なんか氷でできた帽子をかぶってて、

人間の2倍くらいデカくて、

鼻から冷凍ビームみたいなの出してて、

足がマンモスみたいな毛むくじゃらなんです。

 

 

 

イメージこんな感じです!

(風刺画です)

f:id:isseisato:20191229182500p:plain

https://digitalcollections.lib.washington.edu/digital/collection/napoleon/id/151

予想通り、キモいですね。

ちょっと待って、この冬将軍に捕まっている人誰?

 

この人、多分みんな知ってますよ。

かの有名な最強の皇帝ナポレオンなんですから。

f:id:isseisato:20191229223958j:plain

https://ja.wikiquote.org/wiki

このナポレオン(・ボナパルト)がなんで捕まっているのか。

それは最強のナポレオンでもロシアの冬の寒さに勝つことができず、モスクワ遠征に敗北したとされています。最強の戦士を跳ね返した、それが冬将軍でした。

 

この歴史が繰り返すのも歴史の面白いところだなあと思います。

(ヒトラーが繰り返します。)

 

 

 

 

それでは本題に参ります。

みなさまにとって今年一年はどんな一年になりましたか?

f:id:isseisato:20191230001409j:plain

私にとって今年の一年は『読書の一年』でした。

毎月5000円以上は書籍に当てることができました!!

 

その学びの中で、最近、私が感銘を受けた本をご紹介します。

 

 

それは「孫子の兵法」です。この本最高に勉強になります。

 

世界最高の人生戦略書 孫子

世界最高の人生戦略書 孫子

  • 作者:守屋 洋
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2018/02/17
  • メディア: 単行本
 

↓漫画編もありますよ! 

マンガ 最高の戦略教科書 孫子

マンガ 最高の戦略教科書 孫子

  • 作者:守屋 淳
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2019/04/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

うわ、聞いたことあるな、、、っていう方多いと思います。

でも内容知らないなあ、、、

f:id:isseisato:20191230230459j:plain

 

私も読む前はそんな状態でした。

そもそも「孫子の兵法」ってどんな本なの?っていうところからです。

 

 

今から2500年に中国で書かれた本で、一言で言うと、攻略本です。

いかにして戦いに勝つかと言うことが書かれています。

f:id:isseisato:20191230235636j:plain

 

 

この本の何がすごいのかって言うところですよね?

紀元前の書物にもかかわらず、ここまでフォーカスされているのは他でもないんです。

 

 

今の日本に必要とされているからです。

 

 

じゃあ、

 

 

現代の日本で一番の大きな問題って何なんですかね。

 

 

 

人間関係のストレスとかですか?

職場でうまくいかなかったり、パワハラがすごかったり、なかなか言うことを聞いてくれなかったり。

f:id:isseisato:20191230233959j:plain


私も、この人間関係に悩んだ時期もあったと今年のブログの中で書いたと思いますが、相当応えますよね、人間関係に悩むと。

 

 

そんな時にこの本がジャストフィットするんです。

 

 

例を挙げると、ジャイアントのび太がわかりやすいですかね。

(私の中でのイメージなので、お許しください)

 

ジャイアンがのび太をいじめます。

f:id:isseisato:20191231000643j:plain

http://legend-anime.com/archives/502

喧嘩をしたら間違いなくジャイアンが勝ちますね。

そこで、のび太は考えます。

 

喧嘩をジャイアンのお母さんの前で行うように仕向けるとどうなりますか?

のび太は勝ちはしませんが、負けることはないですよね?

f:id:isseisato:20191231000846j:plain

https://bokete.jp/boke/73181884

ジャイアンは怒られて泣いてしまうわけですから。

 

 

こんな対処術が書かれているんです。ね?面白いでしょ?

少しは読みたくなりました?

 

 

そして愛読者がすごいんです。

まず、この方。ソフトバンクの孫正義CEO

f:id:isseisato:20191230231617j:plain

https://ameblo.jp/maupi2525/entry-12493211093.html

 

 

さらに歴史上のすごい人もこの本を読んでいたらしくて!


・風林火山で有名な武田信玄

f:id:isseisato:20191230232340j:plain

 

 

ちなみにこの人も。徳川家康さんですね。

f:id:isseisato:20191231020520j:plain

Wikipedia

 

 

では本編いきますね!

 

 

孫子の兵法とは、孫武が著したとされる兵法書「孫子」の内容のことを言います。

 

 

孫武は紀元前500年頃の中国春秋戦国時代に斉の国に生まれ、新興国の呉の王に仕えた軍事戦略家です。この人が孫武さんです。

f:id:isseisato:20191231001431j:plain

https://app.k-server.info/history/sonsi/

 

 

昔の古文書って聞くと、めっちゃ分厚くて、内容が長いイメージがありますよね。

でもそのイメージとは異なり、13篇と意外とコンパクトにまとまっています。

以下にすごーく簡単にまとめたいと思います。

 

 

 

まじで簡単に書くから、飽きないでください!!!

1:始計篇(戦争は所詮だまし合いである)

戦うか否かを決める(準備を整え、戦うべきかどうかを判断する)

 

 

2:作戦篇

短期決戦に徹する(お金や食料の使い方を考えないといけない)

3:諜攻篇

いかに戦わずして勝つかを考える

「彼を知り、己を知れば、百戦危からず」

「戦わずして兵を屈する」

 

4:軍形篇

負けないために守りを固め、陣形を整える(一歩引いてチャンスを伺う)

そして、敵が崩れるのを待つ

5:兵勢篇

個ではなく仲間を集めチームを作ること

 

6:虚実篇

利害関係を意識することで敵をコントロールする

(利用したい時は敵にとって利益があると思い込ませ、避けたい時は相手にとって不利だと思い込ませる)

f:id:isseisato:20191231021009p:plain

7:軍争篇

短期決戦で仕留める。(風林火山)

しかしとどめは刺すな。(火事場の馬鹿力/窮鼠猫をかむ)

f:id:isseisato:20191231021046p:plain

https://ja.wikipedia.org/wiki/風林火山

8:九変篇

常にリスクや危険に備えること

9:行軍篇

敵の状態と、自分方の状態を常に偵察すること

10:地形篇

地形や気候にあった戦術を用いること

 

 

11:九地篇

いざとなったら違う敵を作り、手を組ませろ(呉越同舟)

敵の急所をつく(大切な場所を押さえにいく)

 

12:用間篇

スパイを使う(敵の内情を知るために)

13:火攻篇

利益にならない戦いはするな(感情で戦うな)

 

 

いろいろ書きましたが、

 

結局、何が言いたいかと言うと

 

いかに戦わずして勝つことが大切であると言うことです。

 

 

その上で、もし戦わないといけない時は

相手のことを綿密に知り、

自分の状況を整え、

チャンスを伺い、

一気に畳み掛けよ。

ただしとどめは刺すな。仲間にせよ。

 

 

と戦いをうまくまとめるためにはどうするかが書いてあります!

 

 

 

どうです?私の説明わかりましたか?

うーん、自分で読んでもなかなか難しいなあと。

 もっと知りたい!って言う人は言ってくださいね!!

 

 

今回のブログはここまでになります。

何かあったらなんでもコメントをお寄せくださいませ。

 

 

f:id:isseisato:20191231021555j:plain

最後に、今年1年間大変お世話になりました。

来年も継続して更新していきたいと思っております。

時間のある時にお読みいただけると嬉しいです。

ありがとうございました。

 

空前のラグビーブームに思うこと

みなさんこんにちは。

少し御無沙汰してしまってますが、この通り。

なんとかやっています。Isseiです。

 

 

最近、世間は空前のラグビーブーム。

日本代表の活躍に、多くの人が魅了されたことと思います。

 

 

強かったですね!日本!

あのアイルランドを倒して、世界の8つに入ったんですから。

夢をたくさんありがとうございました!

 

f:id:isseisato:20191021223646j:plain

https://www.rugby-japan.jp/news/2019/07/04/50009

 

 

 

ここでは試合の勝ち負けだけじゃない、W杯の素晴らしさを紹介します。

 

 

 

それは

 

 

 

各国の選手たちが日本の文化を全力で楽しんでくれたり

地域の活動に参加してくれたり

ボランティア活動に参加してくれたり

被災地に多くの外国の方が赴き、その歴史に触れてくれたり

 

 

 

したことです。

 

 

 

 

試合だけに注目しがちですが、実はこんな素敵なシーンにあふれていたんです。

 

 

 

 

↓台風19号の影響で試合が中止になったカナダとナミビアの選手達

f:id:isseisato:20191023135915p:plain



台風で浸水被害にあった地区で泥の排出作業をやっていたんです。

 

↓お寿司体験をするオーストラリアの選手達

f:id:isseisato:20191021225836j:plain

なんか少し違和感ありますが、とても楽しそうですね!

 

↓被災地福島でラグビー教室を行うサモアの選手達

f:id:isseisato:20191021230040j:plain

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190914-00000072-kyodonews-spo

たくさんの試合の裏で、こんな素敵な一幕があったことを私は伝えたい。

 

 

これから何年も残したい大切な日本の文化であったり、

忘れちゃいけない出来事だったり。

むしろ外国の選手がそれを伝えようとしてくれているんです。

 

 

私もこの想いを絶対に忘れません。

 

 

来年はオリンピックが開かれますね。

今回のW杯を見た人たちが、五輪だけに限らず、日本の文化を目当てに来日してくれるようになったらいいなあと思います。

 

 

そういえば、聖火リレーって誰が始めたんだろう、、、?

まあいいか。

 

 

 

という世間的な話をしたところで、

 

 

 

最近私が何をして過ごしているのか少しお話しします。

主に、読書、運動(ジム)、世界史の勉強ですかね。

 

 

一切遊びに行っていませんね、、、いやそれでいいんです。

遊びに行くお金がないんですから。毎月生活するだけで精一杯です。

悔しいですね。みんなができていることを経済的な理由でできないこと。

 

 

まあそんなこと言っても何も変わらないですから、私は学べるものを日々学んでいるわけです。

 

 

 

最近読んだ本がこちらです。映画化もされている有名な風刺作品です!

帰ってきたヒトラー 上 (河出文庫 ウ 7-1)

帰ってきたヒトラー 上 (河出文庫 ウ 7-1)

 
ヒトラーの正体 (小学館新書)

ヒトラーの正体 (小学館新書)

 

↑参考文献 

 

知っている人も多いと思いますが、私はドイツにルーツがあります。

そんなルーツがある国で起こった、悲劇のお話です。

 

現代にタイムスリップしてきたヒトラーが、モノマネ芸人としてブレイクし、民衆の心を鷲掴みにしていく物語。

個人的に「歴史は繰り返す」という言葉をリアルな危機感として世界へ訴えるそんな作品に見えました。

f:id:isseisato:20191023131826j:plain

↑映画の一幕(パソコンを目の前にしたヒトラー)

 

これが面白いというか、かなり勉強になることばかりなんですよ!

なぜ面白いか、現代に起こっている出来事が、そのまま戦時中の世界に当てはまるからなんです。

 

 

ヒトラーってかなり有名なので、みんなご存知かと思いますが、改めて。

 

アドルフ・ヒトラー(1889〜1945)

ドイツの政治家で、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党首。1933年に首相に任命されると、1年程度で、一党独裁体制を構築し、第二次世界大戦へと導いてしまった。戦時中は総統と呼ばれ、共産党の弾圧および、反ユダヤ主義を掲げ、ホロコーストなどを行った。1945年ドイツの敗戦が濃厚となり、自ら命を絶った。

 

 

みんなの中でのヒトラーのイメージはどんな感じなのでしょう。

私の中では、演説の天才というイメージです。

 

f:id:isseisato:20191023133611j:plain

 

でも、おそらくね、おそらくというか、みんなはこんなイメージ?

ヒトラー=極悪非道な独裁者

あああ如何にも悪そうな顔してるううう!!!

 

 

でもさ、ちょっと待って?

本当にそうだったのでしょうか。

表面だけすくって、「コイツ、最低な野郎です!!!」

なんて悲しいじゃん!

 

 

だってそうじゃない?普通に生きててそんな独裁者になる!?

絶対何かあったでしょ!でしょ?

 

 

例えば?うーん、例えば、、、、

 

これ?ルフィもゴムゴムの実を食わなかったら普通の少年でしょ?

f:id:isseisato:20191023114744j:plain

 

 

話は逸れましたが、少しずつ書いていきますね。

 

 

ヒトラーは実は、ドイツ人じゃないんです。オーストリア人だったんです。

じゃあなんでドイツの首相になったん!!

 

 

それは後で説明しますね!

 

 

 

幼少期のヒトラーは、とりあえず勉強ができませんでした。

 

 

父親は、ヒトラーにひたすら学業で指導します。

f:id:isseisato:20191023122858j:plain

https://twitter.com/WakuwakuSkypark

↑のび太くんの方がまだ素直だったんでしょうね。

 

 

これが起因して父親と対立。さぞかし嫌だったんでしょうね。

この対立が極悪非道への一歩目になってしまうなんて。

 

 

結局ヒトラーは小卒の学歴で終了。

好きだった美術でも認められることなくドロップアウトしていくわけです。

この対立した父親も小卒というのが、これまた皮肉ですね。

 

 

ここから歪んだ考えを持つようになったヒトラーは、父親と反対の考えの著名人に心酔し始め、偏った知識を得るようになります。

 

その考えが、反共産主義、ドイツ人主義です。

第一次世界大戦の敗因を共産主義者の反乱や、ユダヤ人が収入を独占しているということに求めます。ここで国家社会主義ドイツ労働者党に入党。

 

 

この後は皆さんがご存知の運命を辿るので簡単に。

 

1923年のミュンヘン一揆に失敗し逮捕。出獄後は世界恐慌による混乱に乗じて政権を掌握。1933に首相、翌年には大統領も兼任、全体主義を確率し、侵略政策を掲げ、第二次大戦引き起こしました。

 

 

さて、なんでオーストラリア人のヒトラーがドイツの首相になれたのか。

「公務員になれば自動的にドイツ国籍を取れる」という法律があったから。

もちろん形だけ公務員の肩書きを得たということらしいですが。

 

 

ここまで簡単な説明でした。

 

 

 

さて、小説に戻ります。

現代社会において、大きな課題といえばなんでしょうか。

 

失業率の悪化、子供の貧困、移民問題とかですか?

この社会問題、戦時中のドイツと同じなんです。

 

これが面白いんですよ。

まさにこいつと同じ。

f:id:isseisato:20191023130855j:plain

失業率を改善するためにTPP離脱。

貧困対策のためには、法人税の増税や社会保障への投資。

そして移民問題には、メキシコ国境に壁を作るなどの政策を打ち出し、国内の雇用を守ろうとしています。

 

まさにヒトラーの再来のような存在なんです。トランプは。

しかもトランプ大統領、ヒトラーの演説を勉強してますからね。

 

①沈黙を長く取って、息を大きく吸ってから話し始める(注目させる)

②簡単なフレーズのみ使う(学歴のない人にも響く)

③同じフレーズを繰り返す(覚えてくれる)

④夜の時間に演説する(判断能力が落ちる)

 

 

ヒトラーもトランプも、国民の不満をエネルギーにして政権を取っています。

不満って、計り知れないエネルギーに成り代わる可能性があるということです。

正気と狂気は表裏一体ってことですね。

 

 

ってことでここまでです。

 

何が言いたいのか。

現状で満足しないときに、上から守られる方向(トップダウン)になびいた時には、その不満が悪のエネルギーになりかねないということ。

 

まあ、自由は無くなるけど安定と安心は得られますけどね。

 

社会人なんかまさにそうで、上から仕事が来ることを求めているはずなのに不平や不満を持ってますよね。バカでしょそんな人。それを選んでいるんでしょ?

それが結果として社内の愚痴やいじめになるんでしょ。パワハラになるんでしょ。

他責にしても何も伸びないでしょ。

f:id:isseisato:20191023132733j:plain

 

 

 

言い換えると、現状に満足しない時に、自分で何か行動すると、その不満が善のエネルギーになってくれるということです。

現状に満足せずに自分で探求して道を切り開くこと、それが今後必要になっていくはずです。

f:id:isseisato:20191023132845j:plain



 

以上で今回の投稿は締めます。

お時間いただきありがとうございました。

 

 

ちなみにオリンピックの聖火リレーを考えたのは、アドルフ・ヒトラーでした。

 

 

では、また。

 

 

広島に行くはずが、、、②

そんなわけで京都に向かうことにしたわけです。

 

 

どうも、Isseiです。

 

 

京都に着いた瞬間、制服を着た子たちをたくさん見かけました。

f:id:isseisato:20190903203251j:plain

 

可愛いなぁ。中学生。

京都といえば、修学旅行でよく行く場所ですから。

 

 

 

懐かしいですね。中学三年の時なので、8年も前です。

たくさん調べて、行く場所を決めた記憶があります。時間もちゃんと計画して、集合時間も5分前に設定したりしたなぁ。

 

 

 

修学旅行、皆さんはどこにいきましたか?

 

 

 

都道府県によって、学校によって行く場所が違いますね。

 

私は群馬で育ったので、各カテゴリーで行く場所はこんな感じでした。

 

 

 

小学校:鎌倉

中学校:京都・奈良

高校:修学旅行がそもそも無し(群馬の高校は大体沖縄に行く)

 

 

 

調べてみると

中学校・高校の修学旅行において重視する点は各県同じようです。

 

 

 

○歴史学習(京都とか奈良とか鎌倉とか)

 ↓奈良公園

f:id:isseisato:20190903204357j:plain

https://www.chinmasa.com/blog/entry-137929/

でも奈良公園には鹿しかいません、、、

 

 

鹿だけに、、、、、、

 

 

 

ちょっと顔洗ってきます。すいません。

 

 

 

 

○平和学習(沖縄を筆頭に、広島、長崎)

 ↓久しぶりに行くはずだった広島、、、

f:id:isseisato:20190903204520j:plain

https://www.jalan.net/news/article/96387/

↓長崎も素敵な場所でしたよ。

f:id:isseisato:20190903205324j:plain

https://blog.goo.ne.jp/motch150530/e/504c6d9b98124835262fc7854e0a3b49


 

 

○マリンスポーツ(沖縄)

f:id:isseisato:20190903204946j:plain

http://www.tabione.com/marinesports0011/

修学旅行で沖縄とか最高に楽しそう、、、

弟は高校の修学旅行で沖縄に行ってました。空軍基地とか見たって言ってたかな。

 

 

○野外自然活動(北海道)

 

f:id:isseisato:20190903204749j:plain

https://mapio.net/pic/p-75898757/

みんなここで集合写真を撮るんだろ?

 

 

 

このように、こんなにも思い出に残るイベントのはずなのに、

大学に入って以降、修学旅行の話をほとんどしたことがありません。

 

 

 

なんででしょうか。

 

 

 

その理由が今回の旅でわかった気がします。

 

 

 

 では、続きに参ります。

 

 

  

前回も言いましたが、

9時30分に成田を出発し、成田に着いたのが13時20分。

 

流石にプランを考え直しますよね。

それで13時45分までにプランを決めることになりました。

でたプランは以下の3つ。

 

①広島行きの午後の便に乗る

→また成田に帰ってくる可能性がある。

 

②成田から空路でいける他の場所に変更する

→成田からいけるのがほとんど西日本、、、飛ばせよ秋田県とかに。

 

③新幹線で広島に行く

 →金額がネックで飛行機の2倍近くする

 

 

 

と言うことで、④の京都に決まりました!!!

 

あざす!!!

 

 

 

なんで京都に決めたのかを言う前に、旅の相棒について紹介させてください。

 

名前は阿部くんと言います。

一言でいうと、スポーツ万能なイケメン愛読家です。

スポーツの話や最近読んだ本、将来の夢などの話をよくします。

これから何度か当ブログにも登場する予定です。

 

 

そして

 

 

阿部ちゃん、誕生日おめでとう!

今日9月5日が誕生日なんですよ。めでたいね!

 

 

 

f:id:isseisato:20190903215538j:plain

https://melos.media/hobby/16027/

 

今回の京都の案を出したのも相棒です。

理由としては、お互いに歴史が好きだったからです。

少し社会にでた今だからこそ、京都に行くことに価値があると相棒。

 

 

そうだよね、感じ方も毎日変わるよね!

 

 

こういう風にいろんな見方を持っているところが

相棒の好きなところの一つです。

 

 

 

そうなんです。結局中学生の時の知識なんて、たかが知れてます。

 

だってそうだよね。難しいこととか知らないことに興味湧かないでしょ。

私はそう思います。

だからこそいろんな知識を持った今、行くべき場所なんですよ、京都は。

 

f:id:isseisato:20190903215351j:plain

https://toyokeizai.net/articles/-/235064

 

結局、知識がないと何も始まらないってことです。

 

 

 

という前置きをここら辺で終わりにしておいて

旅の記録を振り返っていくことにします。

 

 

今回の宿は「K'sハウス」というゲストハウスです。

www.booking.com

 

では京都の街へ。 

今回の滞在で訪れた場所をいくつかピックアップしていきます!

 

 

 

京都で一番歴史のあるラーメン屋

 その名も「第一旭」(本店)

f:id:isseisato:20190903213008j:image

この店、ラーメンを食うまでに30分くらいかかる。

 

 

 

前に並んでいたおっちゃんが

「普通のラーメンだから、並んでまで食べる価値ないよ。」

って言い残し、去って行きました。

 

 

 

 

今から食べようとしてる人の前で、よくぞそんなことを!!

こんなやつ無視です。

 

 

 

 

連日行列が絶えないという。

 

 

 ↓しかも、営業時間がバカである。

f:id:isseisato:20190903212936j:image

 

 

 

そんな店のラーメンがこちら。

(相棒は写真も綺麗に撮る。これも彼の好きな所である。)

f:id:isseisato:20190903214226j:plain


ここであのおっちゃんに謝りたくなります。

 

 

確かにうまかった。うまかったよ。

 

ただ 

 

普通の醤油ラーメンであったのである笑

それもすんごく普通の中華そば。

 

 

 

よく考えたらわかる。

50年以上昔のラーメンといえば醤油ラーメンなのだから。

 

 

おっちゃん、無視してごめんな!

 

 

大学生が経営を立て直した銭湯

ラーメンを食べた私たちは、潰れかけていた銭湯「梅湯」に行くことにしました。

 

この銭湯、大学生によって閉店の危機から復活した銭湯だって聞いて

居ても立っても居られなくなりました。

↓めっちゃ住宅街にあるんですよf:id:isseisato:20190903213051j:image

 

今や見ることも少なくなってきた銭湯。

諸説あるが、銭湯の歴史は、江戸時代以前まで遡る。

 

 

6世紀の仏教伝来とともに伝わった沐浴。

汚れを落とす目的から、病人のための施浴、そして民衆に広まっていった。

室町時代ごろからお金を徴収するようになり、江戸時代になって蒸し風呂から、湯船スタイルになったと言われている。

 

 

今やほとんどの家庭に風呂があるため減ってきているが、これからも残ってほしい。

そんな日本の素敵な文化です。

 

↓入り口
f:id:isseisato:20190903213041j:image

 

↓Tシャツを販売しちゃうオーナー
f:id:isseisato:20190903213045j:image

 

映画で出てくるような光景ですね。

駄菓子もおいているし、昔の雑誌を見ることもできます。

その中でも色々な工夫が見られていて、歴史と現代の美しい融合を見ることができる。

 

 

外国人も多く訪れていたのは驚きましたね。

日本が世界に誇れる歴史をまた一つ発見です。

 

ちなみにタオルのレンタルは30円で行っていますよ!

 

三十三間堂

中学生の時、私たちの班以外はほとんどが行っていた所、「三十三間堂」。

本当の名前は「蓮華王院」と言うそうです。

蓮華王っていうのが千手観音のことを指しているらしい。

 

 

皆さんもきっと修学旅行で行ったでしょ?

でも、何か学んだ?ここで。

たぶん、「すげえ」で終わっていたんじゃないですか?

その歴史背景を知らないとそうなっちゃうよね。

 

 

じゃあ本題行くよ?

 

 

そもそも「三十三間堂」(蓮華王院)って何なの?

一言で言うと、千手観音がいるお堂です。

 

 

その名の通り、1001体の千手観音と、28の部衆と、風神、雷神が祀られています。

 

私勘違いしていたことがあって、千手観音は1000本手があると思ってました。

でも実は40本しかないんですって。当たり前?私はバカ?

 

 

その手一つ一つに25の願いを込めているのか。そう言うことね。

1000個の願いごとを持ってるから千手観音って言うんですね!

 

 

 

↓この絵圧巻です。 

f:id:isseisato:20190904224147j:plain

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29819990V20C18A4960E00/

でも1000体とか、欲張りすぎだろ。

 

当時は仏像の数が多ければ多いほどいいと言う信仰があったんだってね。

 

 

名前の由来は、内陣に33の柱間(柱と柱の間)があることから。

平清盛が建てたんですって。後白河上皇の命を受けて。 

この後院政を潰すのが源平なのも、面白い話です。

 

 

ちなみに

 

 

この白河上皇、ひどい頭痛持ちだったそうです。

ここに行くと頭痛が治ると言われています。

 

 ↓ずーっと雨 

f:id:isseisato:20190903213151j:image

 

行ったことない人!!行ったほうがいいぞ!

 

以前行ったことがある人も、今行ってみると違った発見と違った感想が降りてくるのではないでしょうか。

清水寺

ここだけは京都に行くときに必ず行くことにしています。

なぜなら、清水のエリアってかなり色彩に富んでいるからです。

ってことで今回もいろんな景色を眺めに行くとしますか。

 

f:id:isseisato:20190903213604j:image

 

まじでごめんなさい。

清水寺の写真、この方の写真しかない、、、笑

 

 

見とれすぎて他の写真を撮ることを忘れました。

美しさって本来の目的を見失わせるので、気をつけよう。

 

 

もう一度言っておくが、これはまさに”美”である。

 

清水の美しさにまた一つ触れることができた。 

先斗町(”ぽんとちょう”と読みます)

京都に来たらぜひ行きたい場所の一つがここ先斗町。

 

↓昼はこんな感じ

f:id:isseisato:20190904220528j:plain

 

京都を代表する花街の一つで、芸舞妓さんたちの稽古場や茶屋が今も集まっています。

通りの両側には高級料亭や地元の人々が通う昔ながらの店が密集しています。

 

 ↓夜の街ですから夜に行くのをお勧めします!

f:id:isseisato:20190904213624j:plain

古き良き京都らしさが詰まった通りです。

風情しかないです、もはや。

 

 

 

 

何で先斗町と呼ばれるようになったのか。

江戸時代中期、ここのエリアの北側に多くの人家が集まっていたことから先斗町と言われたという説や、「Point」という発音から来たとも言われています。

 

f:id:isseisato:20190903213400j:image

 

有名なお寺を巡るのはもちろん素敵です。

ですが、その合間に昔の人々の暮らしが垣間見えるような場所も京都には隠れています。

 

ここ先斗町は、きっとあなたの旅にぐぐぐーっと奥行きを作ってくれるそんな場所です。

きっと旅の素敵なハイライトになることは間違い無いですよ!

坂本龍馬ゆかりの地

京都って幕末の志士、坂本龍馬が最期を迎えた場所ですね。

 

 

さっきも書いた通り、先斗町周辺は今も繁華街として賑わいを見せています。

 

 

幕末の頃は、この付近には土佐藩邸があり、若き志士たちの多くがこの界隈に住んでいたと言われています。

f:id:isseisato:20190905010440j:plain

だから、幕末の有名な事件の場所が驚くほど密集しているんです。

 

↓海援隊結成の地「酢屋」

f:id:isseisato:20190903213418j:image

 

↓龍馬が匿われていたとも言われている

f:id:isseisato:20190903213423j:image

 

密集しているので小一時間あれば見て回ることができます。

先斗町に行くなら少し足を伸ばして行ってみてください。

 

以上簡単に行った場所のハイライトでございました。

 

 

 

 

修学旅行で初めて行った京都。

当時は全く興味のなかった場所に今回は行ってました。

先斗町とか、銭湯とか。

 

 

それは知識が増えて興味が出たから。

 

 

知識がない時にどこへ行ってもつまらないじゃん?

興味すらも湧かないしね。

 

 

知識がなかったら発見もないし!

 

 

学ぶって面白いね。どうそう思う?

 

さあ

 

みなさん、修学旅行で行った場所にもう一度行ってみてはいかがですか?

 

 

 

今回の投稿は以上!

御機嫌よう!

 

 

 

 

 

広島に行くはずが、、、①

みなさん、もうすぐ夏が終わりますよ。

 

夏といえば恋の季節!!!

そーう!!恋の季節!!!!

 

 

気温も高くなり、それと同時に気持ちも高まりますね。

どうもIsseiです。

 

 

って言う前置きなんですけど、やっぱやめていいですか。

 

 

 

言いたいことはそれじゃないんですよ。

純粋に言いたかったのはこれなんですよ。

 

 

 

みなさん、夏っぽいことしましたか・・?

夏といえば何ですか?

 

 

花火?

f:id:isseisato:20190828201638j:plain

https://www.jalan.net/news/article/249235/

 

海?

f:id:isseisato:20190828202202j:plain

 

かき氷?(↓地元で美味しい氷屋さん)

f:id:isseisato:20190828202904j:plain

tabelog.com

 

それともひまわり?

f:id:isseisato:20190828201820j:plain

http://pokemongo-master.com/archives/20568

間違えました、これはポケモンですね。

 

 

 

 

私は夏といえば、これだと思うんですよ。

f:id:isseisato:20190828204051j:plain

https://matome.naver.jp/odai/2156437572201481701/2156438106303179203

 

そうです、浴衣です。

 

 

浴衣といえば、

back numberの「わたがし」で有名な

水色に花びらの浴衣が思い浮かびますね。

 

 

 

日本テレビはちゃんと、back numberのこの歌のイメージに合わせて西野さんの浴衣をこの柄の浴衣にしているんですって。

 

 

 

ごめんなさい、嘘です。

知りませんそんなこと。

 

 

 

今日はその水色に花びらの浴衣よりも素敵な浴衣を発見しました。

 

 

 

それは「赤色の花びらの浴衣」です。

 

 

前の女性があまりにも美しかったので、モデルになってもらいました。

 

この風鈴と浴衣の感じ。やばくね?美です。

 

 

 

さて!!!

女性の皆さん、来年のトレンドは「赤色の花びらの浴衣」です。

よろしくどうぞ。

 

 

 

あともう一人美しい浴衣を発見しました。

 

何が言いたいかというと、

 

 

 

特に言いたいことはありません。ほんとすいません。

 

 

 

 

 

 

では本題に参りましょうか。

 

 

「旅行にトラブルはつきもの。」

 

 

ってよく言いますね。

                                               

海外に旅に行く時、黒人に囲まれたり、

国境で何時も待たされたり、

アメリカで事故ったりしましたけど、

結果、トラブルは面白いことがほとんどです。

 

 

そんな話をするのか。国内旅行でもトラブルがついてきたからです。

 

8月27日

私は広島に行くことにして、成田空港から広島行きのフライトに乗っていたんです。

 

ここに行くはずだったんです!!!

https://www.hiroshima-navi.or.jp/konnamachi/

 

 

そのはずが、広島の気象状況が悪く、広島上空で成田に引き返すことになったん!!

 

 

成田を9時半に出発して13時15分に成田に到着しました。笑。

 

 

家から会社についてやっぱり帰るようなものですよ。

単なる馬鹿ですよ、そんなやつ。

 

 

 

でも私、こうなると思っていたんです。

なぜなら西日本が大雨だったからです笑

 

 

 

 

そういえば、二年前のニューヨークで天候不良でかなり遅延したこともありました。

そんな経験も着陸できないかもと言う予想につながっていました。

 

 

 

近年は天気予報の精度も上がり、

数日先の天気もほとんど当たるようになっていると言われています。

それにより、運航に影響の出そうな台風とか、大雪とかをある程度予測し、前日のうちに欠航にしたり、便数を減らしたりしています。



記憶に新しいと思いますが、今月台風が西日本に上陸し縦断し大雨を降らせたの覚えていますか。

その時、飛行機は欠航、新幹線も前日に運休を決めていましたね。

 

https://news.yahoo.co.jp/byline/okadayoshiaki/20190814-00138340/

 

 

 

そんな風に飛ぶ前に欠航が決まるならいいんですよ。

事前にプランBに切り替えられるから。ね。

 

 

私の場合、飛んで、今にも着く寸前で欠航になるんですから、笑っちゃってましたよ。もはや。

 

 

 

その2秒後にはプランBを考え始めました。

トラブルに巻き込まれることは楽しいですから。

 

 

それで、出したプランは

⑴夕方の便で広島に向かう

↑行く気無くなりました。次回行きます。(午後の便は無事飛びました)

 

⑵成田空港からいける国内に行く(北海道/名古屋/大阪/福岡/沖縄)

↑これデジャブやん、西日本大雨やん。馬鹿やん。

 

⑶もはや違うところに行く

 

 

 

ってことで⑶の京都に行くことにしました。

きっとこんな素敵な景色が見られるんだろうなぁ。

https://travel.rakuten.co.jp/mytrip/ranking/spot-kyoto/

 

 

そうならないのが面白いところ。

 

もちろん京都でも小さなハプニングが起こりまくります。

あんなことやこんなことがあったのよ。

 

 

なんでこんなに恵まれなかったのか。

 

 

②でまとめていきます。ぜひご覧ください!

 

 

ふと思いました、この①はなんだったのか。

何も生産性のないブログ、、、、

 

 

まじでここまで読んでくれた人、ありがとう。

お詫びにチョコレートあげます。

https://www.fujiya-peko.co.jp/sweets/chocolate/anpanman.html

 

 

嘘です。

 

 

 

ではまた、御機嫌よう!!

 

 

 

                                                                                                  

リンゴの話をします。

どうも、お久しぶりです。

Isseiです。

 

 

久しぶりに家族五人が揃ったお盆休みを過ごしました。

両親も54歳になっていたのは驚きです。

↓両親が行きたいと言っていた松本へ

f:id:isseisato:20190821235637j:image

 

↓サッカーJ1松本山雅FCが生まれた喫茶店

『喫茶山雅』

f:id:isseisato:20190821235738j:image

 

 

弟はバタバタしていた中で、妹は受験勉強の焦りの中で時間を作ってくれて、二人には感謝しています。ありがとうね。

↓黒部ダム

f:id:isseisato:20190821192851j:image

 

 

 

以下のことはみなさんにも言いたいことなので伝えますね。

 

 

ある日、両親が私たちにこう言いました。

「休みが合うならどこか行こう!」

 

f:id:isseisato:20190821013332j:plain

 

弟や妹は、「どこ行くか決めてよ」

と、どこは行くかが気になるようです。

 

 

でも親はきっとこう思っているはずなんです。

 

 

行く場所は関係なくて。

みんなで一緒にどこかに行くことに意味があるのよ。

 

と。

 

 

でもそうなのよ結局。

 

 

子供の頃は夏休み、土日にいつでも一緒にお出かけができた。

でも今はそれぞれの予定があってなかなか一緒に行けないですよね。

 

だから行ける時に時間を作ってあげましょう。絶対あなたのご両親もそう思ってます。

少しだけどそんな時間が小さな親孝行になると思っています。

 

 

 

そんなお盆休みを過ごしている時に

ふと思い出したことがあります。

 

 

 

 

ふと気がついたら、近くにいくつか転がっている。

小さな丸い石ころで、握りこぶしほどの大きさだった。

 

手に取ると、表面はなめらかで赤く光っている。石ではない。

いい匂いがする。あまりにいい匂いなので、かじってみたくなった。

 

あなたはこの物体の名前を知っているし、もちろん食べたこともあるはず。

その通り、それはリンゴである。

f:id:isseisato:20190820234443j:plain

さあ、本題です。

もし、リンゴを見たことがない人がさっきのような状況に出くわしたとしたら、どうなるだろうか。

 

もちろんいい香りがしてるんだし、食べるかもしれない。

でも、チーズしか食べたことのない人がいたら、食べないかもしれない。

 

 

今回は、

スペンサージョンソン氏著「迷路の外には何がある」

を題材に書いていこうと思う。

 

 

 

スペンサージョンソン、、、聞いたことある!!!!

っていう人きっと多いのではないかと思います。

 

この本で一躍有名になった方です。

 ミリオンセラーを記録したんだっけ?そのくらい売れたやつです。

チーズはどこへ消えた?

チーズはどこへ消えた?

  • 作者: スペンサージョンソン,Spencer Johnson,門田美鈴
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2000/11/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 11人 クリック: 153回
  • この商品を含むブログ (235件) を見る
 

 

この続編が今年発売されました!

楽しみにしてたので、買って1時間で読みきりました笑

 

 冒頭のリンゴのくだりもこの本の一節でした。

『迷路の外には何がある?』 ――『チーズはどこへ消えた?』その後の物語

『迷路の外には何がある?』 ――『チーズはどこへ消えた?』その後の物語

  • 作者: スペンサー・ジョンソン,門田美鈴
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2019/02/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

チーズ編を簡単にまとめると以下のような話です。

 

 

昔、ある遠い国に二匹のネズミと、二人の小人が住んでいた。

彼らはいつも迷路でチーズを探し回っていた。それを食料にして、幸せになるために。

 

まさにジェリーですね。

f:id:isseisato:20190821012837j:plain

https://filmaga.filmarks.com/articles/117/

 

二匹のネズミは「スニッフ」と「スカリー」。

※スニッフとは「匂いを嗅ぐ」、スカリーは「急いで行く」と言う意味。

 

二人の小人は「ヘム」と「ホー」と言う名前である。

※ヘムは「閉じ込める」、ホーは「笑う」と言う意味。

 

彼らの住む迷路はまさに迷宮で、暗がりは袋小路が多く、迷いやすいそうだ。

 

ある日二匹と二人はチーズステーションCの隅に大きなチーズを見つける。それからは毎日そこに通い、美味しいチーズをたくさん食べていた。

 

まもなく、ヘムとホーは生活の拠点をチーズステーションCに置いて暮らすようになった。チーズがどこから出てくるのかも、誰がそこに置いてるのかもわからなかったが、いつもそこにあるものと思い込むようになる。

 

 

ところが、ある日急にチーズがなくなった。

チーズが消えたことが分かるや否や、スニッフとスカリーはすぐさま新しいチーズを探しに出かけた。

 

しかし、ヘムとホーは違った。

「自分たちはネズミじゃない。賢くて特別な小人なのだ」と思っていたので、

チーズがなくなったことに納得ができなかったのだ

 

さらには

「これは何かの間違いだ!!」

「明日になればチーズは戻ってくるはずだ」

「チーズを誰かが持っていったのだ」

「チーズが消えた原因を調べなければならない」と叫ぶ始末。

明日はチーズが戻ってくると思って、何日もチーズステーションCを離れなかった。

 

 

ようやくホーは、二匹のネズミがいなくなったことに気がつき、

あとを追ってチーズを探しに行くことにした。

 

「ねぇ、ヘム!物事は変わるし、元には戻らない。これもそうだ。だから僕たちも進もう。」

そして彼は一人、出て行った。

 

数日後、ホーがヘムの様子を見に帰ってくる。

新しいチーズのかけらを持って帰り、ヘムに分け与えた。

しかしヘムはその新しいチーズを食べなかった。

 

 

いつものチーズじゃなかったからだ。

 

 

ホーはがっかりし、再び出かけて行った。

そしてこれがヘムが最後にホーを見ることになった。

 

fin.

 

ここで言うチーズは何を指すのか。

いや、チーズは私たちの生活そのものと言えるのではないか。

ビジネスの成功も、家族や恋人との関係もすべてチーズに置き換えられている。

 

f:id:isseisato:20190821012801j:plain

 

戻りたくても戻れないものです。

 

私の場合、大怪我をした経験や、居心地が良かったスターバックスでの生活がまさにチーズを失った経験なのかなと思っています。

 

うまく行ってた時に戻れたら、、、とかありますよね。 

戻れないのは分かっているのに。

f:id:isseisato:20190821012818j:plain

 

 

論点は少しずれますが、

 

そう考えると、家族や友人には会える時に会っておきたいな、とか思うよね。

絶対そうですよ。大切な時間も関係も変わるものなのですから。

 

いつでも会えるからって思っていると

状況が変わった時にヘムみたいになってしまいますよ。

 

 

さてと、この後何が起こったのでしょうか。

それがリンゴ編です。

 

主にヘムの心情描写が中心になっている。この気持ちの変化がまた面白い。

 

 

 

 

ホーが出て行ってからヘムの変化は以下の通りだ。

 

何日もチーズステーションCにとどまっていたヘムは、

気持ちが揺れ動きながら、迷路に出かけていく。

 

ホーが出て行ってすぐ

→「何日かしたらホーも戻ってきて何もかも元どおりになるだろう」

 

→「ホーは僕のことを忘れたのか。恩知らずめ、友達なのにどうして裏切ることができるんだ」

 

→「ホーは無事なのか、恐ろしい目にあってはないか」

 

→「なんでホーと一緒に行かなかったんだろう」

 

そしてお腹が減りすぎたヘムは、ホーがいなくなったことを受け入れてチーズを探し始める。

 

 

ドラマや日常でよく見る光景ですね。 

 

 

この本では、信念の重要性についてが童話形式でまとめられています。

 

その象徴として描かれるのが隣のステーションの小人「ホープ」である。

 

信念に対する前提としては

1.信念を変えても自分は無くならない。

2.あなたとあなたの信念はイコールではなく、あなたは自分の信念を選び取ることができる

 

f:id:isseisato:20190821013044j:plain

 

その上で

 

・自分の信念に気づく

・あなたが考えたこと全てを信じてはいけない

・役に立たない部分は捨て去る

・迷路の外に目を向ける(あり得ないことも考えてみる)

・新しい信念を得る(信念を変えてもあなたはあなたである)

・あなたが信じることに限界はない

 

と言う風に、自分を変えていくステップが書かれています。

 

食べ物はチーズだけだと思っていたヘムが、リンゴを食べても死ななかった話もひとつの具体例です。

 

 

ヘムはどうに変わっていくのでしょうか。ホーと再開できたのか。

ぜひ一読をお勧めします。

 

 

最後に

 

毎日毎日変わり続ける社会の中で、どんな信念を持って生きるべきか。

信念もどんどんアップデートしていかないと社会に取り残されます。

私も今の信念を全て信じることなく、どんどんアップデートしていこうと思います。

 

 

では、ごきげんよう!!

8月8日にイベント企画します。

皆さん、分かりきったこと言います。

 

 

 

とうとう本格的な夏がやってきました笑

 

 

 

てか、みんなはこう思わない??

「夏って暑くね?」

 

え、本当に。暑いでしょ、バカでしょ。

もう39度とか。アイスが溶けちゃうん。

f:id:isseisato:20190730191704j:plain

https://www.morinaga.co.jp/ice/jumbo/

 

どうも、Isseiです。

 

巷の皆さんはさらにこう言います。

「異常気象だよ。」

「昔はこうじゃなかったよ。」

 

 

でも、実際のところ、私はこう思います。

「異常って何が異常やねん。何万回も夏、過ごしてるんか。」

 

 

そしてこう思います。

「アイスがうまいからよくね?」って。

 

 

地球が温暖期と寒冷期を行ったり来たりしているのは、中学校の授業で習ったと思いますが、このスパンは2万年〜10万年だそうです。

 

 

今はどっちなのっていうことですが、、、

 

 

温暖期(間氷期)です。外した人、、、ドンマイ。

 

 

縄文時代の始まる頃までが直近の氷河期ということになります。

 

 

寒冷期と温暖期の入れ替わりに伴って海水面も上下動を繰り返しています。

100mくらい動くそうです。

 

 

例えば、東京が海の中だったとかいう話もそこからきています。

 

 

じゃあ次にまた寒冷期がくるということになる。

温暖化しても寒冷化するというのは間違ってはいない。

 

 

じゃあ何でこんなにも温暖化って騒がれているのか。

 

 

現在の温暖化のスピードは今までにないほど速いからです。

 

 

地球の気温がどう変化してきたかを振り返ると、2万年前から1万年かけて4~7度上がっていました。

しかし最近(20世紀後半)の気温はその10倍ものスピードで上がっていることが明らかになっているそうです。

 

 

 

↓エコ助(大分県のマスコットキャラクター)

f:id:isseisato:20190730195714j:plain

https://www.pref.oita.jp/soshiki/13060/ekosuke.html

 

 

地球がかつて経験したこともないような急激な温暖化の中にあるんです。

つまり、この温暖化のスピードを遅らせるためにできることをしないといけないのです。

できることからエコやっていきましょうね。

 

 

ちなみにですが、掲示板の情報によると、スプラトゥーン2の舞台設定が1万2000年後の海面が上昇した世界らしいですね。

f:id:isseisato:20190730195211j:plain

 

 

 

 

ってことは以下のシチュエーションでこういう感じになります。

 

 

 

そこらへんのおっさん:最近の夏って異常だよ。昔はこうじゃなかったよ。

あなた:何の根拠で異常なんだよ。お前は仙人か。

 

勝ちましたね。圧勝です。

 

 

 

 

どうでもいいですが、西遊記の孫悟空も仙人です。

f:id:isseisato:20190730192156j:plain



 

 

今回が一番どうでもいい前置きになっています。

本当にすみません。

 

 

 

ここからちゃんと書くので許してください。

 

 

 

 

 

夏になり、出先でもどこかのお店で涼んだりそんな時期になっていますね。 

みんなはそんな時にどうやって店を選んでますか。

 

おそらく、このお店が好き!とか

ここが落ち着く。とか

 

 

f:id:isseisato:20190730202501j:plain

https://hhinfo.jp/blog/kobenews/05/00696083/?catCode=161030&subCode=165005

 

お店に対してこんな基準で入店していることと思います。

 

 

同じものを売っていてもこっちはこうで、あっちの方がいい。とか

味も基準になるとは思うけども、雰囲気とかで決めることも多い。

 

 

そうです。コンセプトが違うからです。

 

 

タピスタとゴンチャ(タピオカ)

f:id:isseisato:20190730202256j:plain

https://www.fashion-press.net/news/49217

f:id:isseisato:20190730202339j:plain

https://biz.news.mynavi.jp/articles/-/1968

 

他にも

マクドナルドとロッテリア(同じハンバーガー)

 

多分こんな店にしたい!という思いは100%違います。

 

 

 

 

コンセプトってどうに決めてるんでしょうか。

 

 

 

それでは

 

 

 

本題です。

「8/8 19:00〜20:30で先輩と共にイベントをやります」

f:id:isseisato:20190731062801j:image

題名「お店のコンセプトを考えるトークセミナー」

 

開催日時 2019年8月8日(木)19時~20時30分(予定)
会場 KIELO COFFEE(〒110-0016 東京都台東区台東1-29-4 第一共和ビル1F)
出演者 オーナー吉池弘樹氏
募集期間 当日まで
参加人数 12名程
応募方法 下記インスタグラムから佐藤宛にメールをお送りください
  メールを確認し参加可能の場合ご返信致します。
 

 

 

お店については以下のURLをご参照ください。

www.isseisato5556.work

 

→何をやるか

 

KIELO COFFEEオーナーの吉池さん(元スターバックス)が、

カフェを開業したストーリーをトーク形式で語ります。

 

その上で、コーヒーについての知識を話し合ったり、将来こんな店があったらいいよね、という話もしたりします。

 

 

コーヒーが好きな人

スターバックスで働いている人

ブラックエプロンを持っている人(吉池さんも私も元ブラックエプロンです)

将来カフェを持ちたいと考えてる人

またアルバイトで責任者などをしている人とかも絶対タメになります!

 

ぜひ来てみませんか?

 

 

参加したいという方は、インスタグラムのプロフィールから私までメールをお送りください。

恐れ入りますが、先着順とさせていただきますのでご了承くださいませ。

www.instagram.com

 

 

 告知になってしまいましたが、今回はここまで。

 

メールお待ちしております。

 

では御機嫌よう!